FC2ブログ
心と体のバランスが崩れがちな一教師のつづる、バランスを保つためのブログです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
『自分を好きになる』って
2013-08-07 Wed 07:11
おはようございます。今朝5時ごろ散歩に出かけましたが、やはりちょっと蒸し暑いですね。
今日はどの地域も軽く30℃を突破するので、自他共々体には気をつけたいと思う今です。




さて、タイトルですが、朝のスカッとした爽やかな天気とは程遠い自分の暗い考察をしていこうと思います。

PCからご覧の方は追記で、携帯からご覧の方はそのままスクロールしてください。面倒だなと感じたらスルーをお願いいたします。




先に本日の格言をば。

"If you want others to be happy, practice compassion. If you want to be happy, practice compassion."(The 14th Dalai Lama)
『もし人を幸せにしたいと思うなら、思いやりを学びなさい。もし、自分が幸せになりたいと思うなら、思いやりを学びなさい。』(ダライ・ラマ14世)

最近この言葉が一番のお気に入りです。


















今朝見た夢で「自分を好きになることっていいよね」と誰かが言っていました。登場人物は見たこともない女性で、他の夢もあったと思うのですが思い出せず、その言葉だけ覚えています。




その言葉を聞いて目が覚めた瞬間、『Angel-A(アンジェラ)』という映画のワンシーンを思い出しました。




『Angel-A』は2005年にリュック・ベッソンが監督をしたモノクロ映画です。

アンジェラというのは、主演女優リー・ラムスッセンの役名で、主演男優ジャメル・ドゥブーズ演じるアンドレを絶望の淵から救い出すことを任命された天使です。(衣装はなぜか娼婦の格好をしていますが)

その二人のあるシーンで、鏡の前でアンジェラはアンドレを後ろから抱き締め、鏡に映っている彼に向ってこう言います。




「愛しているわ、アンドレ。さぁ、あなたはこれで愛を受け取った。今度はあなたが返す番。まずは自分自身にね」




そして、アンドレは涙を流しながら「愛しているよ、アンドレ」と鏡の中の自分に伝えるのです。




思うに、『自分を好きになる』って、誰かから好意を貰えて初めて、そんな自分を好きになれるのかな。

私が好きな漫画『フルーツバスケット』(作・高屋奈月、出版・白泉社)にも似たようなことが描かれていたと思う。

人って、血の繋がらない誰かと繋がりたくなる生き物なんだって。

そんな自分でも受け入れてほしい心があるんだって。




今朝の夢からそんな事を思ったおぼろでした。
スポンサーサイト
別窓 | 英語の格言付き徒然 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「彼女の生き方がハンサムなのです」 | 月を見上げるだけ | 盆踊りで思い出したカルチャー・ショック>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-07 Wed 09:14 | | # [内容変更]
私もそう思います。だから人生のたうち回るのかな…。それも人生なのかもしれません。
2013-08-07 Wed 13:30 | URL | おぼろ #- [内容変更]
  • [ ]
確かに自分を好きになるという大事なことだと思います。
自分を好きになるというのはなかなか難しい事ですが、
自分自身が好きという事は自分を認めるという事だと思うので、
自信を付けるという意味でも必要なことなんじゃないかなって思います(´∀`)
2013-08-08 Thu 12:08 | URL | ツバサ #- [内容変更]
「自分を信じる」と書いて自信ですものね。自分のことが好きに、自分を信じられるように生きていこうと思っています。
2013-08-08 Thu 17:33 | URL | おぼろ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。