FC2ブログ
心と体のバランスが崩れがちな一教師のつづる、バランスを保つためのブログです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
今年もあと5日
2012-12-26 Wed 00:38
早いもので、2012年もあと残すところ5日で終わりです。




いやぁ、振り返ればいろんなことあったなぁ。

2012年の年明けはまだ気分が優れなくて。どうにかこうにか年度末を乗り切り、所見を書き。

新しい年度が始まった途端、宿泊行事の準備やら部活動の顧問会やらで忙殺され、いろいろへまをやらかして絶望的になり。

そのへまから体にガタがきて勤務できる状態でなくなり。

夏休みもあと1ヶ月弱だったため療休を取ることを決意し。規則正しい人間らしい生活を送ることに専念し。

どうにか夏休み明け前までに体調を元に戻すことに成功し。

復帰した途端にやはり生徒指導に追われ。

合唱コンクールの指導に追われ。

生徒と衝突したり和解したり。

同僚の先生達と普通に会話できるようになり。

保護者の方からクレームを受けたり、その対応をしたり。




復帰しておよそ4カ月弱になりますが、初任の時の年度当初の同じくらいまでに回復することが出来ました。

それもこれも、黙って支えてくれた両親だったり、何かと気遣ってくれた同僚の先輩先生たちだったり、空気を読んでくれる生徒たちだったり。

なんだかんだでかなり恵まれた環境に身を置いていたにもかかわらず、それに今まで気づく事が出来なかった自分が不思議でなりません。

まぁ、よくよく考えるとそんな感謝して当たり前のことにも気づく事が出来ない精神状態であったのかなと思います。

ちなみに文科省の調べによると、2011年度中にうつ病などの心の病で休職した人の人数は5274人であったそうです。去年に引き続き減少傾向ではあるようですが、それでも10年前の2倍の休職率だそうです。いろいろな要因は考えられますが、やはり一言で言うと『現場からの”ゆとり”の消失』なのかなと思います。どうやって改善をしていくかは現場の先生やこの国本体のそれぞれの取り組みに懸かっているのでしょう。




うちの地域は今日まで学校がありました。全校集会をし、大掃除をして今年を締めくくり、来年につなげることが出来るようにはしておきました。

数えてみると、生徒達が(今中学校2年生ですが)今の学年で学校生活が出来るのは、長期休みや土日を除くとあと60日ちょっとしかありません。その中で彼らがどんなふうに過ごしていくのか、何を最後に得ることが出来るのかは誰にもわかりません。我々教師は黙って見守るのみであります。




私の来年の目標は、とりあえず今の健康状態の維持をすること。慌てず、騒がず、何かあれば迷わず周りに頼ることが出来るように。




これを読んでくださっている皆様も残りの2012年という年が「よかった」と思えるように、そして来る2013年がより良い年になることを心より祈ります。




今年最後になるであろう格言の紹介。

"It's in your moments of decision that your destiny is shaped."(Anthony Robbins)
『あなたの運命は、瞬間ごとの決意によって作られている。』(アンソニー・ロビンズ)

来年は、私が決めた一瞬一瞬の決断に後悔しないように。

スポンサーサイト
別窓 | 英語の格言付き徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<明けましておめでとうございます | 月を見上げるだけ | 節目はやっぱり丸3ヶ月過ぎた頃>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。