FC2ブログ
心と体のバランスが崩れがちな一教師のつづる、バランスを保つためのブログです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
推理小説のこと
2012-07-31 Tue 16:31
ここ最近は調子がよく、起き上ってパソコンに向かいブログを綴ってみたり、夕方の涼しい時間に散歩にも出かけるようになりました。

でもまだまだ油断をしてはいけないのが私の病状。1ヶ月以上かけて緩やかに上昇しているのですから、完治するにはさらなる時間がかかることでしょう。

色々な人から言われた『気長に』という言葉が胸を占めます。




さて、今回は推理小説について徒然に話をしようと思います。長くなりそうです。




つい先ほど、『ビブリア古書堂の事件手帖3』という文庫本を購入し、読み終えました。メディアワークス文庫から出ている「ビブリオ(本にまつわるという意味)ミステリー」というジャンルに属する本です。




前回の日記を読んでくださった方はおわかりとは思いますが、私は基本的に運動することが好きです。しかしながら、静かにお茶を飲んだり本を読んだりするということも嫌いではありません。むしろ好きなのです。

有名な本はそれなりに読んできたと思います。宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』、村上春樹の『ノルウェイの森』、サン・テグジュペリの『星の王子さま』、夏目漱石の『こころ』、古典の『源氏物語』、『とりかえばや物語』や『伊勢物語』も読んできました。本の虫ほど広くも深くもありませんが、それでもあらゆるジャンルに触れることが好きです。




ですが、私が本当に没頭して読むジャンルは推理小説になります。

きっかけは私の姉と江國香織さんの小説でした。

姉は運動はあまり得意ではないものの、賢く、優れた教養があります。論理的な思考を持っているため、仕事ではそれを存分に発揮しているようです。姉本人いわくですが、おそらく本当でしょう。ただ、気まぐれ屋であることが玉に瑕とは思いますが。

そんな姉が好む小説家が江國香織さんでした。正直に言いますと、姉とは結びつかないような気がしていました。彼女の書く小説は、私から見ればどこか情緒的に感じていましたので。ひどい話、「姉に情緒なんてものがあるのだろうか・・・」と本気で思っていた時期もありました。そんな姉が江國香織さんの書く小説を好むなんて俄かには信じられませんでした。




なんだか姉の話になってしまいました。話を戻します。

姉が結婚するにあたって家を出るとき、「自分が持っていた文庫本はあげる」と言われました。もらった文庫本の中には江國香織さんの著書もあり、私はその中で彼女のエッセイである『いくつもの週末』というものを読んだのです。その本には次のような一節がありました。




「いまでは、推理小説がなければ妻生活というものはやっていられない、と思う。マンションに一人でいると、奇妙に孤独でつまらないんだもの。そうするとついいらないことを考える。でも、考えない方がいいこともたくさんあるわけで、そういうとき、かわりに、殺されたマックガーンや失踪したレネイ、誘拐されたジョシュのことを考えていればいいのだ。」(『いくつもの週末』の「公園」より)




実はこの時の私には、自分の持っている病状の兆候があったように思えるのです。

その時の私は、短大から4年制大学に編入して教員の免許の位を上げるか、それとも非常勤講師として働きながら免許の位を上げるか迷っていました。編入するとなると大体が私立しかなく、新たな入学金とか、授業料とか、それなりにお金がかかるものですから。あまり裕福でもないし、親も自営業とは言え高齢だし、姉も出て行ってしまうし、何かが起こってからでは遅いし・・・、となんだかんだで頭を巡らせていました。

そうしていくと、段々と気持ちが暗い方に落ち込んでいき、何でもないのに「淋しい」と思ったり、「泣きたい」と、少しずつ思うようになりました。




そんな時に目に飛び込んできたこの一節。

何故だか、あの時の私にはそれが光明に思えました。「そうか、考えなければいいのだ」と。




そんなことがきっかけで、推理小説を読みふけるようになりました。横溝正史、東野圭吾、アガサ・クリスティ、西村京太郎・・・、片っぱしから読み漁ったように思えます。

そうしているうちに私は親からの後押しもあり4年制大学への編入が決まり、「淋しい・泣きたい」症候群も沈静化していきました。




まさかではありますが、時々、姉は私のことを見抜いてあのエッセイを渡したのではなかろうか、と思うことがあります。先にも言いましたが、あの人は賢く、論理的な思考に長けていますから。まぁ、気まぐれによる偶然という方が可能性としては大きいですが。

でも、あの時の私に救いであったことは間違いではありません。




今現在、結果的にうつ状態になってしまい、活字も見たくないという状態に陥り、療休を経て少しずつ体調を戻しています。

そんな時に「推理小説が読みたい」と思い、事実読みふけってしまうのは、きっと自分の心がまだあやふやで、考えたくない気持ちの表れであるように思います。




ところで、『ビブリオ古書堂の事件手帖』シリーズは今回で3作目、一般の推理小説とは一味違う所が売りです。そんなに重たい読み物でもないとは思うので、興味がある方はぜひ。




・・・ん?ちょっと待てよ。

「推理小説がなければ妻生活はやっていけない」だと?

じゃあ、姉夫婦の家の本棚には・・・。




考えないようにしようっと。




さて、今回の格言は、と。

"When you have eliminated the impossible, whatever remains, however improbable, must be the truth."(Arthur Conan Doyle)
『全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる』(アーサー・コナン・ドイル)

かの有名な『名探偵シャーロック・ホームズ』シリーズの第4段短編集『シャーロックホームズ最後の挨拶』の中の「ブルースパーティントン設計書」より。これだけは暗唱できます。
スポンサーサイト
別窓 | 英語の格言付き徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
オリンピック始まりました、ところで勝負とは何ぞや
2012-07-30 Mon 10:30
ニュースは大半がロンドンオリンピックで持ちきりです。

時差が9時間ほどあるので、早寝を心がけている自分は日本でリアルタイムで見ることはできません。朝の新聞だったりニュースだったりで情報を得ています。

学生時代に2か月ほど語学研修の一環で派遣留学生としてイギリスへ赴き、ロンドンの町並みを拝見しましたが、古き良きを継ぐとても素晴らしいところでした。世界最大を誇る観覧車ロンドン・アイや、ビッグ・ベン、バッキンガム宮殿は見所ですね。宮殿の衛兵交代式や大英博物館に行けなかったことが心残りです。





今大会は良くも悪くも「予想外」なことが多いようです。

サッカー男子の3大会ぶりの決勝リーグ進出、アーチェリー女子団体の銅メダル、柔道の中村美里選手の初戦敗退、競泳の北島康介選手の100m平泳ぎ5位・・・。

何が起こるか分からないのが勝負の世界ですね。私もバドミントンを中学生時代から嗜んでいるので、バドミントン拘わらずスポーツ観戦をするのが好きです。




私はバドミントンではシングルスという1対1での勝負を専門にしていました。

いや、本来は専門も何もないのですが、中学時代の部活の人数が奇数であり、大会では毎度のことシングルスであったため、何故か専門に(笑)

対戦相手との勝負は勿論ですが、個対個においては何よりも「自分との勝負」が大切だと思っています。全て自分の力に勝敗がかかっているので、自分の中の不安や心配をいかに活力に変えるかがポイントです。




勝負には色々な形があります。サッカーなど仲間と相手に挑むもの、柔道など1人で相手に挑むもの、あるいは競泳やマラソンのような果てのないような限界に挑むもの、それぞれが全て勝負です。血潮が熱く滾るというものです。どんな形でもいいから、血潮が熱く滾る勝負を一つでも多く拝めますように。

なんてことを話していたらバドミントンがやりたくなってきました。




さて、今回の格言はアメリカの紙幣のも描かれている方からです。ネットで見つけました。

"There is no little enemy."(Benjamin Franklin)
『小さな敵などというものはいないのだ』(ベンジャミン・フランクリン)

その通り!ちなみにこの人の自伝の中に『十三徳』というものがありますが、人として備えておきたいものだと常々感じ入っています。ウィキペディアにも載っているので興味がありましたら。
別窓 | 英語の格言付き徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
『黒の女教師』再放送を観ました
2012-07-27 Fri 12:30
今朝、TBS系ドラマ『黒の女教師』の第1話が再放送になっていたので、なんとなしに観ていました。




私がこの番組に感じたテーマは『因果応報』『毒を以て毒を制す』でしたね。

榮倉奈々さん演じる女教師は、報酬と引き換えに法で裁かれず人を苦しめた『悪』を自らの『悪』を以って裁く『勧善懲悪』ならぬ『勧悪懲悪』な人物です。Chime to Chime(始業ベルから終業ベルまで)をモットーに必要以外には働かない、人の深淵には踏み込まない、物事を客観的に観察しその人にとっての真理を述べる・・・。その姿は非常に徹底されています。




観終わった後の私の感想は、不謹慎ながら「なんて羨ましい生き方だろう」でした。

お金が貰えるとか、悪を成敗出来るとかそんなんじゃなくて、ある意味で「自分のやり方を貫く」という生き様が羨ましかったです。




この番組は何が正しいとか、何が間違っているかという概念をさっぱりと排除しています。

人によって評価はそれぞれ。ある言葉を聴いて傷つく人間もいれば救われる人間もいる。

正しいとは、間違っているとは何だろう。救いって何だろう。

そんなことを考えてしまうような番組でした。




自分を生き様を、信念を貫くって難しい。

社会は生き物だから、常に変化を遂げている。変わらないものなんて一つもない。

その中でいかに自分にとって大切な、変わらない、曲げられない何かを持ち続けるか。

本当に難しい。




ところで。

英語の教員であるにもかかわらず最近英語から離れ過ぎている気がするので、私が以前本を読んだとき、ネットを見たとき、あるいは教科書を読んだときに心に残った言葉や格言を少しずつ載せてみようと思います。ただの自己満です(笑)

今回はこちら。

"The roots of education are bitter, but the fruit is sweet."(Aristotle)
『教育の根は苦いが、その果実は甘い』(アリストテレス)

奥が深いなぁ。
別窓 | 英語の格言付き徒然 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
復帰したいような、したくないような
2012-07-22 Sun 22:55
一昨日、一応復帰希望の旨を副校長先生に喫茶店で伝えました。




しかしながら、何としたものか・・・このモヤモヤ感。

療休が明けるまで残り1ヶ月近くありますが、「あと1ヶ月しかない」ととらえるのと、「まだ1ヶ月もある」ととらえるのとどちらに傾いているかと言われれば、「あと1ヶ月」の思いの方が強いです。




親に話してみたら、「やっぱりまだ復帰するかどうかは決めちゃいけないんだよ、きっと」と言われました。

その通りな気がします。

その証拠に、副校長と会った日の夜は、学校に関する夢のオンパレード・・・。そういう時に限って生徒指導の夢を見たり、職員室で独りぼっちになっている夢を見たりで碌なことがありません。この1年、眠りが浅いのか夢はいつまでたっても覚えていて、寝起きが非常につらいです。ホットミルクを飲んで精神を落ちつけてはみますが、なかなかね・・・。




学校の様子をそれとなく尋ねてみましたが、変わりないとのことでした。

ということは、生徒たちの口調もそのままか?(苦笑)




でも、そんなときに思い浮かべるのは何故か手を焼かされた生徒たちの顔で。

いっぱい暴言吐かれたけれども、なんだかんだで可愛いと思えるのでしょうね。




精神的には教員に向いていないようですが、本質的には向いていそうだと思えるのでした。
別窓 | 徒然 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
正直、やっぱりメディアって怖い
2012-07-17 Tue 15:44
まだまだ白熱した議論が繰り広げられている

「大津市中学生自殺」

の関連情報を、ワイドショーで見ていました。




専門家や芸能人の方がご自身の意見を述べているのを見て、ふと怖くなってTVを消してしまった自分がいます。




考え方は人それぞれ。

十人十色。

自分の意見をしっかり持って、揺るがぬ自分を。




と思っていましたが、「加害者は罰せられるべきだ」とか、「学校が悪い」とか、「教育委員会の不始末」とか、「警察は今の今まで何やっていたんだ」と言われていると、それに引きずられそうになってしまいます。




なまじ学校現場というものを知っているため、「ああ、たぶん学校はこんな考えのもと、こういう措置を取ったんだろうな」と思ったり、「教育委員会は今度はこんな判断を下すんじゃないかな」と考えて、なるべく多角的な目線で見ようとは心がけています。

しかし、メディアとは人に絶大な威力を発揮するものであり、ある片方の意見が通ってしまうと、まるでそれが常識であるかのように人々の心に浸透していくものです。




断っておきますが、私はいじめは絶対に許さないし、加害者や学校、教育委員会や警察を擁護するつもりはありません。

ただ、ありとあらゆる可能性や考えや方向性を自分の中に取り入れながら、この事件の今後を見守りたいと思っています。




この事件は全か無か、白か黒かをはっきりさせなければいけないものでしょう。しかしながら、一人の命と、その周りにいた全ての人々の今後の人生に関わることですから、慎重過ぎるほど慎重に調査を進めてほしいなとは思っています。




この事件がなるべく多くの人の心に『考える』きっかけをもたらしてくれますように。

そして改めて、亡くなった生徒のご冥福をお祈りしています。




散々偉そうなことを書き連ねてすみませんでした。
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
メディアって何だろう?を徒然なるままに
2012-07-14 Sat 19:28
ここ最近、テレビや新聞を見ると必ず目にするのが、

「大津市中学生自殺」

に関連するものです。




凄惨極まりない、痛ましい事件です。私は教育者の端くれではありますが、この事件は我が身に起こったことのように心に影を落としています。

いじめの被害者は、どんな気持ちで自死を決意したのでしょう。

いじめの加害者は、どんな気持ちで被害者にいじめを加えていたのでしょう。

両者の家族は、今どんな思いでいるのでしょう。

私が思いを巡らせても仕方のないことかもしれませんが、一教育者として巡らせずにはいられない今日この頃であります。




いろいろな情報がテレビやインターネット上で飛び交っていますが、ここで必要になるのが

『真実を見極める眼』

ではないでしょうか。




ところで、私は職場で学年道徳指導を扱っていました。子どもの心の成長に伴い、それを育むお手伝いをしていたのです。

今更ながら、『道徳教育』の必要性を改めて再確認しました。

「人への思いやり」や「礼儀」は勿論のこと、古きを受け継ぐ「伝統」であったり、「勤労」とは何かということを知るのは、理解できる年齢に配慮はすれど、早過ぎることはないでしょう。




閑話休題。

昨今では、この時代らしい言葉で『メディア・リテラシー』というものがあります。

総務省のHPによりますと、

「次の3つを構成要素とする、複合的な能力のこと。
1.メディアを主体的に読み解く能力。
2.メディアにアクセスし、活用する能力。
3.メディアを通じコミュニケーションする能力。特に、情報の読み手との相互作用的(インタラクティブ) コミュニケーション能力。」

とあります。

私も今まさに使っているインターネットではありますが、これは両刃の剣ですね。誰でも気軽に使える分、そこには相応の危険や責任が伴います。知りたい真実を簡単に入手できるかと思えば、意図的に捻じ曲げられた真実を手に取ってしまうこともあるでしょう。テレビや新聞もおそらくは同様かと思います。




主観も客観も入り混じる世界。それがメディア。

その中で正しい情報を掴み取り、自分の中に昇華していく導きとなるのが『メディア・リテラシー』であり、それを教えるのが我々大人の役割のように感じます。

子どもは良くも悪くも物事を吸収する能力、そして発信する能力に秀でています。

その能力をどのように発揮させるかは、大人に掛っているといっても過言でないのではないでしょうか。

「教師」がその代表者の一人とするならば、「教師」という職業は責任重大ですね。
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2012-07-07 Sat 12:01
前回からどれだけ更新してないんでしょう・・・。とりあえず生きています。




あれから何度かカウンセリングを受け、自分を客観的に見つめる訓練をしています。

一昨日行ったものは、事実と評価の区別をつけること。

事実とは一般的、普遍のものであるのに対し、評価とは感情的、特殊なものだそうです。

例えば、「卵にはいろいろな調理方法がある」というのは『事実』、「卵とベーコンの組み合わせは最高だ」というのは『評価』といった具合です。

カウンセラーの人からいろいろなお題を出してもらい、それが『事実』なのか『評価』なのかの区別をつけていきました。いやぁ、意外と難しい・・・。




その日の最後は、自分の一日を出来るだけ『評価』を入れず、『事実』のみを書くことに挑戦しました。朝何時に起きて、何時に朝食を食べて、何時に本を読んで・・・というのを徒然に書いていきました。「おおむね出来ているので心配ないですよ」とカウンセラーさんに言われてほっとしました。




さて、次のカウンセリングまで「何か一つ、心に引っかかっている出来事があればそれを、なければ今日と同じようにその日一日の行動を、なるべく『事実』を以って具体的に書く」という宿題が出されました。そこからさらに、自分の考え方の癖を見ていく訓練をするそうです。




認知行動心理学というのは奥が深いですね・・・。教員免許を取るためにあらかた心理学全般をかじってはいましたが、ここまで奥が深いとは知りませんでした。よもやそのお世話になるとは露知らず。
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。